神戸七福神 大黒天 大龍寺(その二)

大龍寺の続きです! 大龍寺境内には諸天堂・護摩堂・本堂・毘沙門堂・鐘楼などの伽藍が 並んでいますが、山の中のお寺の為か、いずれも小さめのお堂です。 【中風除けのお寺】 和気清麻呂公や弘法大師さんなどの伝説からも、大龍寺の奇瑞霊験の話が 多いようですが、中でも天授元年、後円融上皇が中風(脳梗塞)にかかられた折、 善妙上人が七日間の祈願をされたところ、たちまち霊験現われ、病気が平癒。 宸翰、宝器を賜り、本尊に深く帰依されたことから、【中風除けのお寺】 【病気平癒のお寺】として有名になり、代々お寺の住職がこの秘宝を 受け継いでおられるそうです。 【本 堂】 本尊 聖如意輪観世音菩薩       ボケ封じ 【毘沙門堂】 弁財天・大黒天・毘沙門天 【護摩堂】 不動明王 境内 【三面大黒天】 弁財天・大黒天・毘沙門天 恵比寿・大黒・打出の小槌 三面大黒天さんはお厨子の中です。 大龍寺の大黒天は中央に大黒天、向かって左に毘沙門天、右に弁財天の顔を 持ち、六本の御手。  弁財天は鍵と宝珠。 大黒天は小槌と袋。 毘沙門天は如意棒と鉾を持たれて います。 大黒様が二俵の米俵の上に立っておられるのは、小槌からいくらでも出せるが、 二俵あれば十分であるという【知足】の徳をあらわし、大黒様の財福を頂戴し、 毘沙門天さんがしっかり護り、弁財天様が音楽を奏…

続きを読む

神戸七福神 大黒天 大龍寺 (その一)

今日は全国的に暖かくなった日の様で、こちら、神戸でも20度近い陽気に 恵まれました。 この暖かい陽気を利用して、再度山大龍寺へ登拝し、神戸七福神の大黒天尊 さまを拝んで来ました。 今迄にも何度もハイキングを兼ねて参拝していますので、ブログ記事の写真も 内容も似たようなものになりますが、ご容赦頂ければ幸いです。 再度山大龍寺は神戸の元町から5KM程川筋に沿う谷筋を登っていくと山門 から石の階段が続く再度山の中腹に、本堂・護摩堂・毘沙門堂・諸天堂などの お堂が建てられています。 この大龍寺は和気清麻呂公の伝説と、弘法大師空海の話で有名であり、 大龍寺の縁起と再度山の謂れなどと大いに関係しています。 再度山ハイキングコース(表参道) 再度山大龍寺縁起  神護景雲二年、称徳天皇の勅を受けた和気清麻呂公が、寺院建立の霊地を  求めてこの山中まで来られた時、公を暗殺せんものと付け狙っていた  僧道鏡の刺客に襲われたが、その時、忽然と現れた大蛇に驚き、逃げ帰って  しまいました。   危ういところを助けられた清麻呂公が辺りを見回しますと、大蛇が消えた跡に  「聖如意輪観世音菩薩」が立っておられた。  公は早速この地に伽藍を建立され、寺名を「大龍寺」とされました。  如意輪観音菩薩が御出現された場所は「蛇が谷」と称されています。 再度山  延暦二十三年、入唐さ…

続きを読む

関帝廟 神戸

今朝は福島、宮城での地震のニュースで目を覚ましましたが東北方面での 大きな地震は津波の事がすぐに思い出されました。  幸い津波の心配は 無いようですが、かなり長い時間の揺れで被害が少なければ良いのですが! 神戸は春の陽気に恵まれたので、ぶらぶらと久し振りに関帝廟付近を歩いて 来ました。 関帝廟は、三国志の英雄、関羽をお祀りするお堂です。 JR神戸駅から歩いていると、出雲大社神戸分祠が住宅街に溶け込むように してありますので、すこしお参りしました。 出雲大社神戸分祠 付近の地図 関 帝 廟 神戸の関帝廟は明治21年「慈眼山長楽寺」として、関帝、十一面観音、天后聖母 をお祀りされたのが始まりで、俗称「南京寺」などとも呼ばれていました。 長楽寺は隠元禅師が開いた宇治の黄檗宗萬福寺につながるお寺で、初代住職には 長崎聖福寺より松井宗峰師が迎えられました。 現在はどの宗派にも属さず、関帝廟として独立した寺院です。 建立以来、神戸をはじめ広く阪神、関西在住の華僑のお寺として信仰を集めて います。 また、三国志のファンも多く訪れるところです。 龍 門(登龍門) 本 堂(金堂) 屋根の上には黄金の玉をつかむ白い双龍が! 本堂内は撮影禁止ということで、お寺の方に頂いた関帝廟三本尊のお札を…

続きを読む

ビリケンさんは・・・大黒天?

以前兵庫区の松尾稲荷神社のビリケンさんについて書いたことがありましたが、 今日(2月7日)の読売新聞朝刊で、そのビリケンさんについての詳しい記事が 出ていました。 松尾稲荷神社(2019.01.19) その記事ではビリケンさんの右手に小槌が握られている写真が掲載されていました。 私が見た時は前掛けなどで見えなかったため、この姿は分かりませんでした。 ・・・読売新聞の記事を以下に抜粋紹介させていただきます 「ビリケンさん」と聞けば、大阪・新世界の通天閣にまします福の神を、 関西人の多くは思うだろう。 実は神戸市内の神社にも鎮座しているらしい。 調べてみると、名称の由来は、米大統領がかかわっているとの説もある のだとか。 福の神になった大統領? ……。ルーツを探った。(伊藤孝則) 大黒天?  早速、ビリケン像があるという神戸市兵庫区の松尾稲荷神社を訪れた。  宮司の長山竹之さん(63)に案内され、本殿の奥に進む。  道すがら、氏子らから奉納されたお稲荷さんがずらり。  その一角を見やり、思わずにやりとしてしまった。  横に大きく広がった特徴的な口に、上向き加減の鼻の穴、大きく前に  つきだした両足。通天閣のそれとは少し違うが、まさしくビリケン像だった。  木製で高さは約60センチ。神社では「松福様」と呼ばれているという。   祭神の稲荷大明神とどんな関係があるのか、  大正初期、…

続きを読む